パワートレーン

パワートレーン制御システム開発(ハイブリッドシステム制御/自動車用変速機制御/エンジン制御/開発)

職務内容 ■職種の特色
CASEに代表される次世代自動車の基盤となる
パワートレーンの制御システム開発をリードできる、即戦力人材を
求めています。

■職務内容
自動車産業に大変革期をもたらすキーワードと言われる「CASE]。
「Connected:コネクティッド化」「Autonomous:自動運転化」
「Shared/Service:シェア/サービス化」「Electric:電動化」。
 これらを進める上で、車の基本性能である、”走る”・”曲がる”・”止まる”を
意のままにコントロールし、地球環境に優しい、パワートレーン制御システムの
重要度が増していきます。
最先端のバーチャル環境を導入し、最新の技術、開発環境を駆使して
開発しています。
パワートレーンに関する多くの知識、技術が活用できる仕事です。

■業務の詳細
・パワートレーン制御システムの制御仕様開発・適合
 (ハイブリッドシステム,自動車用変速機,エンジン)
・パワートレーン制御システム開発におけるモデルベース開発ツール開発
・車両企画に基づいたパワートレーン制御システムの構築
応募資格 <学位等>
・学士卒以上
 (2020年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・第2新卒可

<MUST>

【下記に関するご経験のいずれかを有している方】

・パワートレーン制御システム(エンジン)における
 制御開発経験者
・パワートレーン制御システム(エンジン)における
 評価・適合経験者
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豊田市)
その他の採用情報 ■ミッション
100年に一度の大変革といわれる時代の中、「CASE」に代表される、
次世代技術の開発が急務です。
また、同時に、自動車を購入いただくお客様に対しては、
より安価で信頼性の高い製品をお届けする必要があります。
最先端の技術・環境を駆使し、出力・排気ガス・燃費・ドライバビリティ等、
車両性能に直結するパワートレーン制御システムを効率的に
開発していくために、日々、カイゼンを繰り返しています。
また、電動化の流れの中、各国のお客様へ、タイムリーに
良い製品をお届けするために、それぞれの地域ごとの特色を
踏まえた造り込みをスピード感を持って実行することが、
今後、更に重要になってきます。

■PR/やりがい
近年、GoogleやAppleに代表されるIT/ソフト系企業等の新規参入企業も
加わり、自動車開発における競争が激化しています。
その中、完成車メーカーとしてこれまでに蓄積したデータと
知見、及び、生産・販売を含めた膨大なインフラは今後の
新しい自動車開発においても優位であり、各国のお客様のニーズ、
使われ方を考慮した開発ができる環境にあります。
反面、ビッグデータの活用や繋がる技術など、パワートレーン制御システム
への展開は、まだまだ未知数な部分が多い技術領域です。
蓄積した技術、知見、インフラと新しい技術を組み合わせ、
新たな付加価値を創造することは、完成車メーカーでこその強みです。
この強みを活かしつつ、次世代技術を開発するとともに、
ITやAI等を活用した最新環境を用いた開発の効率化にチャレンジし、
効率的に量産開発を実行していきます。

自動車の基本性能である、”走る”・”曲がる”・”止まる”を
意のままにコントロールし、排気ガス・燃費性能といった
地球環境にも配慮したパワートレーン制御システムを中心に、
製品の最終スペックを決定する業務を担当しています。
お客様からの反応がダイレクトに伝わってくる環境ということもあり、
責任とやりがいを感じる仕事です。
今後は電動化等の流れの中、最先端技術を駆使して、新しい価値を
産み出していく業務にも携わることが可能であり、技術者として日々、
刺激を受けながら成長していける、やりがいのある仕事でもあります。