車両系生技・製造

《生産技術》組立工程の生産技術開発及び生産準備業務

職務内容 ■職種の特色
100年に一度の大変革期をリードできる、組立生産技術の
プロ人材を求めています。

■業務の概要
生産技術エンジニアは、安くて良い商品を短期間でお客様に
提供するため、製品の開発・設計段階から生産・品質ノウハウを
織込み、高効率・低コストの生産設備の設計・導入をグローバルに
行っています。
製品の高機能化、多様化への対応と、革新ラインや
サステイナブル・プラント活動を支える画期的な新工法・工程の
開発を行っており、モノづくりの技術をベースに次世代新工法を創造し、
トヨタのグローバル競争力の向上に貢献しています。

■業務の詳細
・組立の生産技術開発や生産準備業務(生産プロセス・工法・設備)
・製品開発-設計段階から生産・品質ノウハウを織込む
 サイマルテニアスエンジニアリング(SE)業務
応募資格 <学位等>
・高専卒以上
 (2020年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・第2新卒可

<MUST>

【下記に関するご経験のいずれかを有している方】

・自動車、自動車部品またはその他工業製品の生産技術開発
または生産準備業務経験
・自動車、自動車部品の設計業務経験
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豊田市)
その他の採用情報 ■ミッション
「もっといいクルマづくり」を追求し、設計部署、製造部署にまたがり
クルマを開発します。
組立のエンジニアリングを通じ、良品廉価なモノづくりに寄与し続けます。

■PR/やりがい
100年に一度の大変革と言われる時代の中、従来の枠組みに
とらわれることなく、多様なバックグラウンドを持つエンジニア同士が
アイデアを出し合って進めていきます。
そのため、組立エンジニアとして常に技術に向き合い、断続的な
成長が出来る環境が整っています。
アイデアが実現できる、もっといいクルマづくりに貢献できる、
非常にやりがいのある部署です。


※愛知県(豊田本社、名古屋オフィス)、東京都(東京本社、九段ビル、池袋ビル、大手町ビル)、静岡県(東富士研究所)、各工場など、国内・海外の事業所・関連施設への転勤の可能性あり