先進技術開発

知的財産業務

職務内容 ■職種の特色
・100年に一度と言われる大変革の時代に突入した自動車業界にとって、
 知的財産の重要性は高まる一方です。
 知財を駆使し、一緒にトヨタの競争力向上にチャレンジしましょう!

 ★本職種の社員インタビューはこちら
  知的財産は、企業ではなく、社会のために。

■職務内容
【概要】
・社内から発明を発掘し、価値の高い特許を取得(世界30か国以上で権利取得)
 問題がある他社特許に対し、適切な対応を実施
 他社の特許情報を解析し、経営・開発へ戦略提言

・コーポレート目線でビジネススキームを構築
 -技術提携の企画
 -特許ライセンス契約締結
 -ブランド管理/商標権取得

・知財訴訟/紛争対応
 -全世界の知財に関係する訴訟/紛争の戦略的対応

・グローバルトヨタの知財戦略/方針を統括
 -知財企画/管理
 -知的資産活用
 -グローバル知財渉外
 -国際標準化を軸とする知財戦略
  -標準必須特許に係る特許出願権利化・他社特許対応業務
  -国際標準化に関する知財渉外業務
  -OSSを含むIT/通信/情報処理関連分野での知財戦略
応募資格 <学位等>
・学士卒以上
・第2新卒可

<MUST>
・企業での知的財産実務業務経験3年以上(特に知財訴訟/紛争対応とIT/通信/情報処理関係分野の出願権利化対応)有し、コミュニケーション能力の高い方
・英語能力 TOEIC730点以上

<WANT>
・弁理士資格のある方歓迎
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豊田市、名古屋市)静岡県(裾野市)、東京都(文京区)
その他の採用情報 ■ミッション
「もっといいクルマづくり」を常に意識し、価値ある知的財産権の
創出および紛争の未然防止・解決を通じて、トヨタの持続的成長に
貢献します。

■採用の背景
トヨタは自動車製造業からモビリティサービス企業に生まれ変わろうと
している中、戦うべき相手も変わりつつあります。
新しい仕事の進め方を有するキャリア採用者の力によって、
さらなる多様性を推し進めます。

■やりがい/PR
国内外のプロフェッショナルとグローバルに仕事が出来る楽しい職場です!
◇最先端の技術・特許情報をもとに、経営に資する戦略提案を行い、
開発をあるべき方向に導く
 《例》他社との技術提携に関する全社プロジェクトに参加し、
    知財のプロとしてプロジェクトの遂行に貢献

◇技術と法律に関する深い知識・語学力を武器に、紛争・訴訟を解決
 《例》 米国特許訴訟において、開発・サプライヤ・米国弁護士・
    米国拠点のリーガル部員と密に連携し対応
    した結果、勝訴の判決を勝ち取る!

CASE(コネクティッド、自動運転、ライドシェア、電動化)の波が、
トヨタの新しい研究開発に押し寄せています。
この研究開発をリードできる知財戦略の立案/実行と、その成果である
知財権の適切な管理活用という、非常にやりがいのあるチャレンジングな
業務です。


※愛知県(豊田本社、名古屋オフィス)、東京都(東京本社、九段ビル、池袋ビル、大手町ビル)、静岡県(東富士研究所)、各工場など、国内・海外の事業所・関連施設への転勤の可能性あり