未来創生

ロボットのための自律移動技術の開発

職務内容 ■職種の特色
情熱と愛情を持って、「すべての人に移動の自由を(Mobility For All)」
実現するパートナーロボットに必須の自律移動技術の開発を
リードできる、ロボティクス分野の即戦力人材を求めています。


■職務内容
【業務の背景】
人が移動する潜在的な目的は自分の知らない世界に・人に
出会うことであり、それはすべての人が等しく持っている
権利であると考えています。
誰かが何かに挑戦したいと思っている時、移動が障害になっているのであれば、
その課題に真正面から取り組むこと、具体的にはロボット技術で
課題を取り除くことが我々の使命となります。

【業務の概要】
人と触れ合う環境で物理的な支援を行うロボットの実用化すべく、
我々の部署ではロボットの研究・開発から試作・評価・実証までを
行う仕事です。

【業務の詳細】
ロボットが自律的に移動するために必要となる、環境を認識し、
自己の位置を推定し、移動するパスを計画し、実際に移動制御をする
アルゴリズムを構築する仕事です。
自律移動に関わる知識のみならず、環境認識や人や人の行動認識など
高度な知識とソフトウェア開発スキルが活用できる仕事です。
応募資格 <学位等>
・修士卒以上(2021年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・第2新卒可

<MUST>
・ロボットでの研究開発の経験
・パス計画、ローカリゼーション、トラッキング、Visual SLAM、
 Visual Odometryのいずれかの経験
・OSSや学術論文より得たアイディアを堅牢で効率的なコードへと
 変換できる能力
・Python及び、もしくはC++の高度なプログラミングスキル
・日本語でのコミュニケーション能力

<WANT>
・ROS
・Python及びC++の豊富なプログラミング経験
・コンピュータビジョンの知見
・オープンソースプロジェクトへの貢献
・英語でのコミュニケーション能力
・Linux環境でのソフトウェア開発の経験
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豊田市)、東京都(千代田区)
その他の採用情報 ■ミッション
未来創生センターは、賢く素早く作り、ハイインパクトを与え続け、
達成感で涙が流れるほど楽しみながら、組織の壁を乗り越え、
トヨタが描く「モビリティ社会」にパートナーロボットの開発を
強力に推進しています。

■採用の背景
人混在環境での自律移動技術開発を加速するため
採用を強化しています。

■やりがい/PR
ロボット産業は成長分野と見込まれ研究開発が盛んに行われています。
サービスロボット分野においては、床清掃等の単一作業を行う
ロボット、人とのコミュニケーションを主とするロボット等は、
既に製品化が行われています。
また、最近では、空陸の運搬ロボットによる物品運搬サービスの
実証実験も広く実施されています。このような情勢の中で、
我々の目指すところは、人が活動するあらゆる環境で、その人の
活動を支援出来るロボットの実用化です。

そのための、認識、判断、制御技術の研究開発、ハードウェアの
設計生産を進めています。
実際に、モバイルマニピュレーションロボットを多数生産し、
このロボットをPFとして、世界トップレベルの研究機関と
開発コミュニティを構築、共同して研究開発を進めています。
ただ、ロボティクスに関連する幅広い分野全てで、研究開発を推進する、
最新の研究成果を取り込んでいくには人が足りていません。
自身の専門性を活かし、研究開発を進めていけるエンジニアを、
我々は歓迎します。

とにかく技術の流行り廃りが早い業界なので、常に勉強しつづける
必要があります。
個々の要素技術を、ロボットで統合して動かすというのは難しいです。
1回目は、まず動きませんが、問題を解決して、期待通りに
動けば達成感を得られます。
大変ではありますが、新しいことを知る、出来るようになることの面白さ、
楽しさはモノづくりの醍醐味と言えます。


※愛知県(豊田本社、名古屋オフィス)、東京都(東京本社、九段ビル、池袋ビル、大手町ビル)、静岡県(東富士研究所)、各工場など、国内・海外の事業所・関連施設への転勤の可能性あり

※屋内原則禁煙