車両系生技・製造

《生産技術》ボデー/シャシー部品のプレス生産準備業務、および生産技術開発

職務内容 ■職種の特色
高い意匠性を持ち、高性能,軽量高強度なボデーをタイムリーに実現するため、プレスに関する高度な知識を持つプロ人材を求めています。

■職務内容
【概要】
プレス量産ラインを担当する生産技術エンジニアは、安くて良い商品を短期間でお客様に提供するため、製品の開発・設計段階から生産・品質ノウハウを織り込み、高付加価値・低コストのプレス型・プレス設備の生産準備を行っています。製品設計・試作・評価への参画や、生産準備、量産確認まで一貫して行い、トヨタのグローバル競争力の向上に貢献しています。

車両デザインの高意匠化・軽量化・高強度化や、CASE時代に対応するの大きな車両構造の変革に合わせた画期的なプレス成形の新工法・新工程の開発も行っています。新しい計測・評価技術の開発・導入を通じて、プレス加工の未知の現象を明らかにし品質を定量値化して良品廉価なクルマづくりに貢献する仕事も行なっています。

【詳細】
プレスの生産準備業務や生産技術開発
(生産準備企画・SE(Simultaneous Engineering)
 ・ダイフェース設計・型設計・工程整備・設備導入・要素技術開発)
応募資格 <学位等>
・高専卒以上もしくは同等の経験
 (2021年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・第2新卒可

<MUST>
【下記に関するご経験を有している方】
・自動車、自動車部品またはその他工業製品のプレス型・プレス設備
 に関する生産技術開発、生産準備業務
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豊田市)
その他の採用情報 ■職場イメージ
全世界のプレス・溶接の生産技術を担当し、計画・SE・工程整備・開発等で構成されています。社内でも最大規模の部署となります。

■ミッション
【組織のミッション】
クルマの意匠や性能に対するお客様のニーズは刻々と変化しますが、近年は高意匠化や衝突安全性能の向上等、特に変化が激しくなってきています。この流れに遅れることなく、付加価値の高いプレス部品の量産を実現することがミッションです。またグローバル企業のプレス生産技術部門として、様々な国でその地域に合わせたプレス部品の生産を実現することも大事なミッションです。

【今後の方向性】
EV車・パーソナルモビリティ・e-Palette等、CASE・Maasで変化していく”乗り物”の構造を見据え、従来のホワイトボデーを構成するプレス部品とは異なる、新たな部品を量産するための生産技術へ領域を拡大していきます。

■採用の背景
クルマを取り巻く近年の大きな変化に対応するためには以下が必要です。
仝什澆亮舂である一般的な車両のプレス生産準備を効率的に遂行すること。
⊆\ぢ紊痢評茲衒”に必要な、新たな付加価値を持つプレス部品の
 生産プロセスを確立すること。

これらをスピーディーに実現するため、従来の生産準備業務の変革や新たな生産プロセスの創出ができる、高い技術力やマネジメント力を持つ人材を求めています。

■やりがい/PR
現地現物を大事にする風土と、豊富に保有するデジタルツールの活用を融合させ、近年はボデーの意匠・性能のレベルを大きく高め、”もっといいクルマ”づくりに貢献しています。アナログ・デジタルを高度に組み合わせたプレス生産準備を行っていることが強みです。

車両の開発から工場での量産まで幅広い領域での業務や、世界各国に広がる幅広いフィールドで活躍できることが魅力です。

■在宅勤務について
職場上司が認めた場合、在宅勤務可。週に何度かはコミュニケーションのため出社をお願いしています。また生産現場での立ち会い・確認等のため、在宅勤務が出来ないケースもあります。