車両系生技・製造

《生産技術》車両内外装の樹脂加飾部品(表皮、塗装、加飾フィルム)の品質保証業務

職務内容 ■職種の特色
100年に一度の大変革期をリードできる、車両内外装樹脂加飾部品の製造工程を熟知し、生産準備を円滑、効率的に業務遂行出来る人財を求めています。

■職務内容
【概要】
生産技術エンジニアは、安くて良い商品を短期間でお客様に提供するため、製品の開発・設計段階から、モノづくりの技術をベースに生産・品質ノウハウを織込んだ構造提案を行っています。中でも世の中の変化が速い昨今では、より短い期間でお客様に商品をお届けする事が非常に重要となります。その為、生産工程を熟知し、開発日程・車両構造・仕入先含めた生産工程への改善提案と品質造込みを主体的にリードしながらモノづくりのリードタイムを短くすることが必須要件となります。トヨタ社内はもちろん、仕入先様にも寄添った改善を継続しながら、仕入先様と一緒に生産準備の改革を進め不良率の低減、品質の適正化、リードタイムの短縮等、Win-Winの関係構築を目指しています。また、モノづくりの技術をベースに試作、評価まで自ら一貫して行うことで、製品の高機能化、多様化への対応と、革新ラインやサステイナブル・プラント活動を支える画期的な新工法・工程の開発を通して、トヨタのグローバル競争力の向上に貢献しています。

【詳細】
・車両内外装樹脂部品の生産準備プロセスの改革、高精度化
・試作車両の内外装評価及び品質造り込み業務
・他社車両のベンチマーク活動(性能評価や分解調査)
応募資格 <学位等>
・高専卒以上
 (2021年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・第2新卒可

<MUST>
【下記に関するご経験のいずれかを有している方】
・車両内外装部品の生産技術分野(工程設計、生産設備設計、品質管理)の経験
・完成車両目線での内外装品質保証業務経験者

<WANT>
・車両構造の知識あるいは、車両製造工程に関する知識
・車両内外装の構成部品の設計・製造経験
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豊田市)

その他の採用情報 ■職場イメージ
どの部署も20〜30代の若い人が多く、上司とも気軽に話せる雰囲気です。

■ミッション
品質はトヨタの生命線であり、新しいクルマの品質を確保するための最後の砦としての役割を期待されています。「もっといいクルマづくり」を追求し、設計・生技・製造にまたがり、また各構成部品単位ではなく、クルマ全体を見て品質を確保していくことが求められています。

■採用の背景
「もっといいクルマづくり」を追求していくにあたり、CASEの進展に伴い、お客様が車に求める性能・品質も変化していきます。その変化を先取りした車両構造・生産技術が必要となります。そのためには、従来技術にとらわれることなく、新たな発想ができる人材が必要です。

■やりがい/PR
トヨタ車の品質は、JDパワーランキング等の第3者機関でも世界的に高評価であり、その信頼性の高さからお客様の保有期間も長くご愛顧いただいています。その品質の造り込みにチャレンジしませんか?

クルマは、非常に多くの部品で構成されており、それぞれの部品が要求品質を満足していることが必要ですが、一つ一つの部品が良いだけでは、いいクルマになるとは限りません。最後は、クルマ全体でお客様の要求品質・性能を満足しているかどうかが重要となります。各機能部品だけでなく、クルマ全体を見ることのできる部署です。

■在宅勤務について
職場上司が認めた場合、在宅勤務可。
現状は1〜2日/週程度在宅勤務している人が大半。
ただし、車両検討時期はほぼ在社となります。