パワートレーン

ドライブライン部品の開発(設計・実験・評価)

職務内容 ■職種の特色
電動車も含めたトヨタ車すべてに欠かせない、4輪へ
駆動力を伝え、思いのままに走らせるためのデバイスである、
ドライブライン部品の開発をリードできる、積極果敢に挑戦できる
即戦力人材を求めています。

■業務の概要
乗用車、商用車、電動車など、どのクルマも車輪を駆動して走行します。
この駆動力を4輪に確実に、必要な分だけ伝える技術はこれからの
モビリティにおいてもなくてなならない要素になります。
反面、振動・騒音を感じることなく、壊れることなく、縁の下で
活躍を続ける要素でもあります。
クルマを快適に思い通りに動かす技術である、最適な駆動力伝達は
これからのクルマの進化に合わせて変わっていく必要があります。
この基幹部品をMBDを駆使しながら開発していく仕事です。

■業務の詳細
・ドライブラインユニット(トランスファ、デフ、プロペラシャフト、
 ドライブシャフト)開発
  堅牢で屈強なSUV用ユニットから、次世代電動車用駆動ユニットまで、
  駆動力を伝えるためのユニット開発
・4WD制御開発
  4輪の駆動力を制御し、思いのままの走行安定性を実現するための
  制御開発
・ドライブライン部品の車両搭載開発
  MBD(解析)を活用し、パワートレーン全体の曲げ・ねじり現象の
  最適な諸元開発を実現。
応募資格 <学位等>
・高専卒以上もしくは同等の経験
 (2020年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・第2新卒可

<MUST>
【下記に関するご経験のいずれかを有している方】

・ドライブトレーン系ユニット 或いは システム の開発経験がある。
・駆動力制御 或いは パワートレーン制御 の開発経験がある。
・MBDを用いた設計・評価の経験がある。

【必要志向性】※上記のいずれかと、下記のいずれかのAND条件
・従来の考え方に捉われず、今やるべきことを考えぬき、
 主体的に取り組むことができる。
・未経験の領域であっても、熱意を持ってチャレンジし、
 スキルアップの為の努力を惜しまない
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豐田市)
その他の採用情報 ■ミッション
クルマを動かすためには動力を車輪に伝達する必要があります。
単に動力を伝達するだけではなく、駆動力として各車輪のトルクを
コントロールすることでクルマの味を出すことができます。
クルマを動かすためになくてはならない、世界トップの魅力ある
ドライブトレーンを他社に先駆けてタイムリーに提供するために
開発を行っています。
世界トップの技術・技能で”もっといいクルマづくり”を
リードするドライブトレーンを企画・開発する集団を目指しています。
また、高い志と強い情熱で信頼されるプロ集団を目指しています。
また、MBDによる開発のプロセス改革も急進的に進めています。

■採用の背景
・MBD開発のプロセス改革の発展的拡大
・電動車をはじめとするクルマの変化に対応するドライブラインの
 開発拡大

■やりがい/PR
トヨタグループ内で準内製で開発、製造する部品が多くを占め、
各社としのぎを削っています。
その中で、歯車の基本技術から4WDの駆動力制御まで守備範囲も
幅広く技術革新しています。
もっといいクルマを作るために、シュミレータによるMBD開発を
駆使し走るための駆動力を制御しクルマの走りを作り上げることは
これからも深化が必要です。
クルマの概念が変わってもタイヤへの動力伝達をつかさどる駆動系を
新しい感性で作り上げる仲間を募集しています。

既存のパワートレーンから電動車まで変わりゆく動力に対する動力伝達を
クルマの視点で走りにつなげることができる仕事です。
反面、
縁の下の力持ちであり、振動・騒音などを発生させず、存在感を
出さないための技術開発も必要で、基礎技術力も応用力も試される職場です。
モビリティの変化、パワートレーンの変化へ対応するドライブラインを
創造するやりがいのある仕事です。

※愛知県(豊田本社、名古屋オフィス)、東京都(東京本社、九段ビル、池袋ビル、大手町ビル)、静岡県(東富士研究所)、各工場など、国内・海外の事業所・関連施設への転勤の可能性あり