未来創生

人,モビリティ,社会システムに関する数理情報系の基礎研究

職務内容 ■職種の特色
トヨタでは安心・安全な未来のスマートモビリティ社会をめざし、
それを支える社会システムや人々をアシストするロボットなどの
実現のための基盤技術として、数理情報科学の研究を行っています。
そこで、数学、情報、経済などの分野で研究経験をもつ
即戦力人材を求めています。


■職務内容
【業務の背景】
未来のスマートモビリティ社会では、個人のQuality of Lifeを高めつつ、
持続的成長が可能な社会を実現することがますます重要になると
考えています。
そのカギとなるのは、移動の自由を実現する自動車や人々をアシストする
ロボットの高度な知能化はもちろんのこと、それを支える
実世界・情報インフラが高度に協調する社会システムの研究です。

数理的な研究対象となるのは人・ロボットや環境等から得られる
大量のデータから新たな知見を発見するデータサイエンス・
機械学習手法の開発、複数のモビリティやロボットを最適に制御する
分散協調・マルチエージェントシステムの研究、
さらには経済までも含んだ複雑系数理の理論構築など、広範囲にわたります。

【業務の概要】
開発した技術や知見を社内・グループ会社に技術を発信・提供します。
また、研究推進のために大学、研究機関との関わりも深く、
共同研究という形で連携したり学術界への課題発信も行います。
海外の研究機関とも連携しており、TME、TMNAといったトヨタの
海外拠点をと連携して、有力な大学と共同研究を行ったり、
海外のトップカンファレンスへの参加、研究発表も行います。
応募資格 <学位等>
・博士卒以上(2020年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・第2新卒可

<MUST>
・理工系大学院卒(数学系・情報系・物理系などが望ましい)
 もしくは文系大学院卒(経済学)
・博士の学位または同等の経験
 (査読のある論文誌や国際会議での発表)
・ヒト・モビリティの振る舞いのモデル化,社会・経済システムのモデル化、統計解析や機械学習の
 理論・アルゴリズム構築に関する数理的な専門性と研究経験
・上記モデルやアルゴリズムの実装、解析などプログラミング技術
 (Python,C, C++, R,MATLAB等)
・国内外の大学等研究機関と連携し、最先端の研究を推進する
 マネジメント能力
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 静岡県(裾野市)、愛知県(豊田市)
その他の採用情報 ■ミッション
未来創生センターでは、モビリティのみにとどまらず、それらを取り巻く
環境やロボット、サービス、社会システムなど、幅広い事業の
出口を見据えた基盤研究を行っています。数理基盤研究チームは
これらの研究を支える数理科学やデータサイエンスなどの基礎研究を
行っています。

■採用の背景
モビリティカンパニーとして、新たな提供価値の設計のためには、
自動車というモノだけでなく、人や社会が織りなす複雑な
ネットワークも理解する必要があります。このためそれらを
モデル化し解析する数理基盤の技術・人材を強化するため、
採用を計画しています。

■やりがい/PR
未来創生センターは、トヨタ自動車社内での最先端研究部署であり、
モビリティカンパニーとしての未来の事業を担うシステムや
要素技術の研究開発に取り組んでいます。新しい研究対象は、
自動車を超えた多種多様なコラボレーションにより進められ、
この境界領域には未知の数理研究の芽が存在しています。
これまで情報・数理の分野においても国内外の大学・研究機関と
連携し多方面の分野で学会・論文発表してきました。また、
研究だけでなく、それらの技術を社内開発へ活用し、商品開発につなげると共に、
その中で新たな課題発見をして、世の中に先んじた研究テーマにつなげる、
という企業内研究ならではのサイクルを回すことができます。

企業における数理研究の醍醐味は、実世界とダイレクトにリンクした
課題設定を行えることです。既存のICT企業では触れることのできない
多種多様なデータやモデリング対象に対し、自身が研究した最先端の
数理的手法が与えるインパクトを誰よりも早く試みることができます。
そしてそれらの成果を論文としてまとめ、世界に発信することも
重要なミッションの一つです。

※愛知県(豊田本社、名古屋オフィス)、東京都(東京本社、九段ビル、池袋ビル、大手町ビル)、静岡県(東富士研究所)、各工場など、国内・海外の事業所・関連施設への転勤の可能性あり

※屋内原則禁煙