パワートレーン

パワートレーンソフトファーストアプリ開発

職務内容 ■職種の特色
未来のモビリティー社会に向け、クルマに求められる価値は大きく、
かつ、急激に変化します。クルマの基本性能である「走り」
「エネルギー」を中心に、新しい価値を提案、実現し、その未来を
一緒に変えていきませんか。お客様に新たな価値を提供できる
パワートレーン制御アプリケーションを開発できる技術力・経験・情熱
がある即戦力人材を求めています。

■業務の概要
電動化、自動化されたモビリティの活用が社会的に広がっていく中、
新時代に合致した新たな価値が求められます。
「走る・曲がる・止まる」といった基本性能を中心とした
カスタマイズを実現し、お客様へ車の新しい魅力を訴求するための
アイデアを創造し、アプリケーションソフトウェアを開発する仕事です。
また、エネルギーや社会インフラ、お客様の生活様式等、
様々な視点からニーズを捉え、コネクティッドやAI等も活用して、
パワートレーンでお客様に新価値を提供する制御アプリケーションを
開発する仕事です。

■業務の詳細
・パワートレーン制御機能の開発企画、開発
 -パワートレーン制御アプリケーション開発
 -走りの魅力向上アプリケーション開発
 -IoTアプリケーション開発
 -クラウド制御実装、AI活用、Javaアプリ開発
 -アフターサービス向上アプリケーション開発
・開発環境構築
・パワートレーン駆動力制御開発
 -駆動力制御アプリケーションソフト開発
 -車両運動制御アプリケーションソフト開発
 -レーダー、カメラ、ナビ情報を用いた先読みアプリケーション
  ソフト開発
・エンジン、トランスミッション、モーター等のパワートレーンシステムを
 中心に、ブレーキやステリング等のシャシーシステムとの
 統合・協調制御、カメラ、レーダー、社会インフラの活用等も
 視野に入れた制御システム開発
応募資格 <学位等>
・学士卒以上
 (2021年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・第2新卒歓迎

<MUST>
【下記に関するいずれかの業務を経験している方】

・パワートレーン制御開発(適合、制御設計、ソフト開発業務)
・車両運動制御開発(適合、制御設計、ソフト開発業務)
・車両制御システム企画
・車両システムアーキテクチャ設計
・車両ネットワークトポロジー開発(LAN、通信)
・IoT製品開発経験

<WANT>
・ロボコン等での技術的チャレンジへの参加経験
・英語スキル(TOEIC700点以上)
・ビジネス企画立案経験
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豊田市、名古屋市)
その他の採用情報 ■職場イメージ
社員インタビュー「自動運転の時代、だからこそ「こころとこころのつながり」を大切にしたい」

チャレンジ精神旺盛なメンバーが多いため、明るく、活気ある職場です。

■ミッション
モノからコトに価値シフトしていく中で、パワートレーンが持つ機能に
拘りつつ、CASE時代、ソフトファースト時代にふさわしい
制御機能の開発を担当しています。
「パワートレーンをフル活用した魅力あるアプリケーションを開発する」
ことが今後の自動車会社に求められおり、パワートレーン系アプリソフト
による機能UPはパワートレーンにとっても重要なテーマです。
「走りの魅力向上アプリケーション」と、「新たなパワートレーン系
アプリケーション」を開発しています。
車を取り巻く様々な環境変化、技術進化の中で、どの様な機能を開発し、
実現していくのか、まさにこれから注目され、拡大していく仕事です。

■採用の背景
将来モビリティ社会の創造に向けて、IT業界等も加わり、
変化のスピードが急速に高まる中、世の中のニーズを先取りして
実現するための開発が求められます。
その中でも基本機能としての「走り」の魅力を高めること、
および柔軟な発想での新アイテムの提案、新技術も活用して
それらを実現できるスキルが必要です。
コネクテッドスキル・IT情報系スキルも兼ね備えていると
より活躍が期待できます。

■やりがい/PR
「100年に一度の大変革」と言われる時代の中、多様なバックグラウンドを
持つエンジニアが自身の強みを活かす一方、従来の枠組みに
とらわれることなく、ドライバーをはじめとする、社会の
全てのステークホルダーにとっての”いいクルマ作り”に対して、
ダイレクトに活躍できます。
情熱をもって新たな領域にチャレンジすることで、自分を
磨くことができる仕事です。
「パワートレーンをフル活用した魅力あるアプリケーションを
開発するスタイル」が今後の自動車会社に求められており、
その最前線をトヨタを代表して遂行することは最大のやりがいを
感じると思います。

パワートレーン制御領域は電動化を主軸に競争が激化するなか、
「走」の性能は燃費、電費、熱などトータルエネルギーの最適利用は、
クルマ個車から家庭、社会に広がり、より高度なシステムと
なってきています。
また、自動運転に代表される自動化では、安全・安心な滑らかな
走りに加え、人が運転しているかのような自然な乗り心地が求められます。
一方、「走・曲・止」といったクルマ本来の魅力も新しい価値観の中で
創出していく事が求められています。
本領域はこれまで培ってきたエコでドライバーの気持ちに応える
「走」の技術に磨きをかけ”いいクルマ作り”をリードする役割として
活躍しています。
また、自動車開発にはITやソフト系企業が参入し、今後の
自動車開発には未知数の部分もありますが、ソフトとハードは車の両輪。
これまでの蓄積は今後の自動車開発に於いても強みになりますし、
他社にはない新たな魅力をお客様に提供し続けることができています。

■在宅勤務について
職場上司が認めた場合、在宅勤務可。
現状は50%以上の在宅勤務率。
ただし、車両開発の試作検証フェーズでは在社のケースが多い。