先進技術開発

論理アーキテクト

職務内容 ■職種の特色
トヨタは、人とクルマと町がつながり、全ての人が安全・スムース・自由に移動できるクルマ・モビリティ開発の早期実現に向け、ソフトウェア・ファーストに基づく『クルマづくりの変革』を推進できる、未来を自分の力で描き、熱い情熱を持って変革を進められる方を求めています。 

■業務の概要
"CASE"時代の到来で、クルマの可能性は大きく広がってきており、特にソフトウェアを中心にに開発するクルマづくりはますます重要になっています。様々なシステム(エンジン、ブレーキ、ステアに加え、IVIのような情報端末など)が搭載される車両開発においては各システムを統合するためのアーキテクチャ設計は、将来のモビリティーサービスのプラットフォーマーになるために欠かせない 根幹となる業務です。社内外の多様なステークホルダー要求の分析、および将来の拡張性を創造し、ソフトウェア工学に基づく論理的なアーキテクチャ企画・開発をリードしていただきます。100年に一度の大変革期をリードすることそのものであり、とても広いスコープでチャレンジングな業務ができる領域です。

【業務の詳細】
▽車両全体の論理アーキテクチャの設計・構築
-車両の各システムの独立性、拡張性、信頼性の支えるアーキテクチャ設計
-各システムの連携を高め、さらなるユーザニーズに応えるアーキテクチャの
アップデート、および拡張アプリ開発を円滑に進めるためのAPI設計
応募資格 <学位等>
・学歴不問

<MUST>
・システムアーキテクトとしての業務経験(3年以上)
(例:銀行、証券取引所など大規模な基幹システム・
  サブシステムの統合などの経験)
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豊田市)
その他の採用情報 ■職場イメージ
部署が複数あり、いずれかに所属します。若手からベテランまでバランスよく配置されており、システム開発、ソフトウェア/ハードウェア開発まで車載電子システムの全域にわたって取り組んでいます。

TECHPLAY(勉強会)

■ミッション
GAFA等のIT企業により、コト消費・スマート/シェアリング等社会的な価値観の変化が引き起こされ、自動車業界としてもCASE(Connected, Autonomous, Shared, Electric)の広がりによる変革期を迎えています。その環境の中、お客様へ最先端の商品・サービスを提供するため、電子・制御の技術力を発揮し新しい価値を生み出すことにチャレンジする部署です。

■採用の背景
車載電子システムの機能・性能向上に伴い、複雑度の増した大規模なソフトウェアを最新のエンジニアリング技術を活用してスピーディーかつ高い品質で開発する必要があるため。最新のソフトウェア技術や開発手法の積極的な導入などによる組織全体の技術力・生産性の向上と社内外の関係者を巻き込んだ開発プロジェクトの推進を期待します。

■やりがい/PR
トヨタの電子制御開発の歴史は長く、特に30年の内製製造・内製設計開発で、半導体・センサ・アクチュエータ・ECU(Electronic Control Unit)等、自動車業界としてトップクラスの幅広く深い技術力を保有しています。一方で、本領域は、完成車メーカーに加え、GoogleやAppleに代表されるIT/ソフト系企業も参入し競争が激化しているため、近年はwoven alphaなどのIT系ソフトウェアエンジニアとの技術交流やAutosarなどの世界標準化への積極的な取り組みなどグローバルな活動を通してエンジニアとしての成長ができる環境です。

クルマの新しい価値や新たなモビリティ社会を生み出すための電子システム開発が仕事です。電子化による利便・安全性能向上を実現し、新たな社会を作り上げていくことに貢献できるやりがいのある仕事です。また、自動車会社のエレクトロニクス部門として、最新の技術を活用した高機能なクルマやそれを活用した新たなサービスなど大規模な電子システムを設計できるため、エンジニアとしてのやりがいも感じる仕事です。

■在宅勤務について
在宅勤務についてはフレキシブルに対応しており、現状は職場では在宅比率の方が高いです。リモートの環境を活用しながら、技術レビューも面着とリモートを組み合わせて取り組んでいます。