アフターサービス/品質保証

車両電子制御故障診断機の開発および診断方法の開発

職務内容 ■職種の特色
自動運転等の高度なシステムの故障解析、ビッグデーター収集、
ソフトアップデートと従来の故障診断機としての役割をはるかに
超える機能の開発をし、グローバルに展開する仕事、また
近年他社との協業に伴う診断機器の共通化等にもチャレンジ業界を
リードできる仕事です。

■職務内容
【業務の概要】
・自動運転やコネクテッド等新たな分野の電子制御技術が
 今後グローバルに急速に増えていく中、故障の原因となる
 問題は車両側だけではなくインフラとの切り分けなどその範囲も
 拡大していきます。そうした中、故障診断を行う機器の
 重要性は益々高まっています。
・どの信号やデータをどう見せれば現場で故障診断できるかを
 考えどうやって機器に織り込むかについて機器メーカーと
 診断開発を進めます。
・高度なセキュリティーが必要な為、PC本体だけではなく
 サーバー連携を基本としたシステム構築が必要です

【業務の詳細】
・故障診断機器の仕様作成
・診断機器メーカーとの機器開発
・診断手法の考案
応募資格 <学位等>
高専卒以上もしくは同等の経験

<MUST>
【下記のいずれかの経験がある方】
・ソフトウエア開発に関するプロジェクトマネージメント
・ソフトウエア開発における要件定義
・自動車用診断ツール開発
・車両ECU開発
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 岐阜県(多治見市)
その他の採用情報 ■職場イメージ
我々の職場はグローバル車の修理に関する情報(修理書)や
ツール(診断機、工具)の作成、技術教育を行う部署です。
教育や検討用の整備工場や教室、テストコースも備えた広大な敷地で、
机上だけではなく実際に車を走らせながら検討することもできます。

■ミッション
お客様にとって素晴らしい車を提供するだけではなく、
その車をいつまでも快適に安心して使い続けていただき、
次もまたトヨタ車を選んでいただけるよう最適なアフターサービス
を提供しています。
自動運転などの最先端技術は便利で快適だが、万一故障したときに
正確な修理を担保するアフターサービスの役割は益々重要に
なっています。
その技術レベルも車両制御と同じく高度化させる必要があり、
その分野の研究に真剣に取り組んでいます。

■採用の背景
電子制御技術の複雑化に伴い、診断機のプログラムの種類や
1個あたりの量も大幅に増えており、関係設計や部品メーカーとの
調整が不可欠だが、高度な専門知識が必要で直ぐには社内で
育成が難しい状況です。
また、単に専門知識があるだけではなく、そうした知識を
活用しチームを引っ張りつつ、実際の機器ベンダーと対峙しながら
活躍できる人材を求めています。

■やりがい/PR
今まさに100年に一度の大変革期を迎えようとしている中、
商品を市場に出しさえすればいいのではなく、いつまでも
お客様に快適に使い続けていただく為にアフターサービスの
重要性が高まっています。

当社は大衆車から高級車(スポーツカー)まで世界中に供給しており、
どの地域においても最適なアフターサービスを提供しております。
また他社とのアライアンスも進んでおり、こうした環境での
機器開発はまさに全世界の人たちに安心安全を提供する非常に
重要でやりがいのある仕事です。

グローバルにどのカーメーカーもこの診断機器の開発には
苦慮しています。
車のシステムを理解していながら(車の設計部署と議論できる)
車を直すエンジニア(実際に車検等の整備に従事)の
知識レベルの
実態も理解していなければできません。
販売店の現場に行って、我々はこの分野をさらに強化をして
業界トップの診断器を目指し、やがては業界標準にしていきたいと
考えてます。

■在宅勤務について
・現在は2〜3日/週在宅勤務を実施しています、
 面着で実施したほうがいい業務と在宅で可能な業務をチームごとに
 相談しながら実施しています。お願いする仕事が車の診断機
 ですので、実際に車に診断機をつないで画面がどう動くか
 など現地現物で体感いただく必要がありますし、すべて
 在宅で可能というわけではありません。