海外営業

海外営業 欧州 水素プロジェクト 担当

職務内容 ■職種の特色
欧州トヨタは、Zero Emissionの先を見据えたBeyond Zeroという目標を掲げ、欧州のパートナーとトヨタ燃料電池システムを搭載した製品の普及拡大を共にを推進いただける人材を求めています。

■職務内容
【概要】
水素から作った電気を動力源とする弊社の乗用車(MIRAI)に搭載されている燃料電池システムを、乗用車以外の多様な産業機器メーカーにも外販していくことで、究極のクリーンエネルギーである水素を需要するアプリケーションの普及拡大を図り、欧州水素社会の実現に貢献することを目指します。

【詳細】
- FCビジネスユニットの中期事業計画立案、アライアンス戦略企画、コアパートナーとの事業戦略協議
- トラック、バス、鉄道、船舶、発電機、建機等の欧州大手メーカーへのB2B営業およびCRM
- バリューチェーン全体を俯瞰した新事業企画
- 欧州現地調達・現地生産に向けた事業検討およびアライアンスパートナーとの契約交渉、等
応募資格 <学位等>
・学士卒以上もしくは同等の経験
 (2021年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)

<MUST>
・5年以上の業務経験
 (メーカーでのB2B営業経験者を歓迎)
・ビジネスレベルの英語コミュニケーション力
 (TOEIC 730点以上相当)
・エネルギー、モビリティ産業への興味関心
 (これから学ぶという意欲があれば可)
・新しいテーマにチャレンジする意欲
 (経験の有無は問わず、意欲があれば可)
・業務上のトラブルを学びの機会と捉える姿勢
 (経験の有無は問わず、姿勢があれば可)

<WANT>
・1年以上の海外生活経験
 (欧州以外も含めた海外での留学、駐在経験)
・外国籍の方との業務経験
 (前職場でも、クライアントとの接点でも可)
・欧州各国語でのコミュニケーション能力
 (日常会話レベルでも可)
・欧州の歴史や文化的背景への共感と興味関心
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豊田市、名古屋市)
その他の採用情報 ■職場イメージ
※本社 営業業務部、事業業務部 等で基本を習得後、ベルギーの赴任を検討

・2021年に欧州トヨタの社長直下に新設されたビジネスユニットで、従来の乗用車事業とは異なるスピード感で、社内ベンチャーのような新しい働き方を模索している組織です。
・R&D、生産、営業(含むバリューチェーン)の3機能部署出身メンバーを中心に組織編制をしており、従来の機能軸の壁を取り払った変化即応のフレキシブルな連携を目指しています。
・ベルギーのブラッセルに所在するR&Dサイトの一画に燃料電池システムを最終組立てするパイロット・ラインがあり、併設のプロジェクト・ルームが職場です。

Press Release for New organization

Movie of TME FC Business Activity

■ミッション
・欧州における乗用車以外の多様な産業機器メーカー向けの燃料電池システム外販において2030年にトップシェアを獲得することを目線に活動中です。
・ビジネスユニットとしては、今後数年以内に、投資回収を完了し、欧州トヨタの事業収益に貢献できるよう早期のNet黒字化を目標に掲げています。
・台数と収益の目線に加え、欧州の水素社会の実現に向けて、欧州各国各都市における協業パートナーとの水素エコシステムの立上げにも積極的に関与していきます。

■採用の背景
欧州トヨタの社長直下に新設されたビジネスユニットは、アジャイルかつフレキシブルな働き方のモデル部署となれるよう、新しい事業を作りながら、自分たちの働き方も再定義することを目指しており、キャリア入社者の方の新しい知見や意識からも学ばせていただきたいと考えています。

■やりがい/PR
欧州のパートナー企業とトヨタ燃料電池システムを搭載した製品の普及拡大を図ることで、欧州委員会が推進中のグリーンディールの主要テーマの1つに掲げる水素エコシステム構築に貢献することが可能です。欧州トヨタにとって新しい事業の柱を立ち上げるチャレンジであると同時に、欧州社会への期待に応えていくチャンスでもあると考えています。

燃料電池システムの外販は、トヨタがサプライヤーの立場から欧州パートナー企業と商談を成立させる必要があり、既存の標準プロセスとは異なるマインドセットやアプローチが求められる点が難しさであり、面白さでもあると考えています。

■在宅勤務について
職場上司が認めた場合、在宅勤務可。
欧州トヨタはベルギー政府のガイドラインを尊重したワーキングルールを遵守しており、現状は5日/週程度在宅勤務している人が大多数。