先進技術開発

AI/機械学習によるモビリティ性能開発エンジニア

職務内容 ■職種の特色
世の中のニーズやUXから将来モビリティに必要な性能をハード・ソフトの両面から考え、AI/機械学習等を活用して製品織込みまで推進いただける人材を求めています。

■職務内容
【概要】
モビリティカンパニーへの変革に伴い、今後のモビリティの運動性能、ADAS性能の開発で、AI/機械学習を活用した技術開発の重要性が増加しています。新たな商品性の提案から実装までの実務を、関係部署と連携して推進いただきます。

【詳細】
■新たな商品性企画・検討
 ・ビッグデータを活用した車両運動性能への企画提案
 ・AI/機械学習とADASシステムを活用した
  将来モビリティの性能提案・技術検討
応募資格 <学位等>
・学歴不問
 (2021年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・文系大学出身者可
・第2新卒可

<MUST>
【以下のすべてを満たす方】
■ハード製品の性能企画・技術検討:評価の実務経験(3年以上)
■ソフトウェアの適合・実装経験(2年以上)
■Matlab、Python、C++等のプログラム言語を利用した開発実務経験
 (2年以上)
■商品力視点で製品企画開発した経験
■新しいモノやコトを自ら提案し、チームで達成した経験(大小は問わない)

<WANT>
■Deep learningのモデル構築〜実装経験
■画像認識スキル:実務経験(2年以上)
■モビリティに実装することを楽しめる
■AWS等のクラウド利用経験(SQLスキル所持等)
■UXデザイン経験
■TOEIC650点以上
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(豊田市)
その他の採用情報 ■職場イメージ
2019年に新設された部署で、トヨタの車両開発を変革しようという気概にあふれた職場です。車両プラットフォームの性能開発の部署であり、全機能開発が1つの室の中に集結しています。車両開発の生の声を聞きながら新価値創造の提案を行い、必要な技術開発を提案型で推進しています。30代を中心として20代から50代までいますが、若いメンバーが活躍しており、風通しの良い雰囲気です。

■ミッション
モビリティカンパニーへシフトする為、車両開発業務の効率化と新しい価値を次世代モビリティへ織込んでいくことが期待されています。その中で、当組織は性能開発の上流のプラットフォーム開発を行っており、ソフトウェア性能を織込むためのハードウェア仕様前提を決める重要な役割です。将来的に次世代モビリティに織り込む技術の企画提案を行い、CASE対応へ貢献することを目指しています。

■採用の背景
世の中のニーズやUXからの商品性開発を実施するにあたって、ハードを理解した上でのソフトウェア開発のスキルが重要となってきています。特にAI/機械学習を活用してモビリティ性能を進化させるアイデアを出せることや具体的なモノに落とすことが出来る人材を求めています。異なる経験とスキルから新価値を生み出す推進力になっていただきたいと思います。多くの関係者と連携しながら、ご自身の知見を弊社の知見と融合させることが出来る人材を求めています。

■やりがい/PR
自部署には長年の量産車開発で培ってきた幅広く深いハードウェアの知識と経験があり、また、多分野から集結した専門家で構成されており、多くの知見と技術が存在します。世界中のお客様やクルマからのフィードバックを蓄積しており、使用環境やニーズなどのデータから、新たな商品を生み出せる可能性があります。製品を世界中へお届けできるというスケールの大きさと環境が整っています。

100年に1度の大変革期に、従来のクルマが次世代モビリティへ変化する中でいかに価値を生み出すか、創造的かつ技術的にチャレンジのあるテーマが多く、面白さを感じます。また、世界中へ製品をお届けできるというスケールがあり、社会に対して影響のある重要な仕事です。多くの関係者をリードし仕事を進めることができ、人としての成長の機会もあります。

■在宅勤務について
在宅勤務可能です。
現状は在宅率が約7割です。
ただし、開発の現場に出る場合は在社のケースが多いです。