コネクティッド

【東京】デジタルコクピットソフトウェア開発:組み込みソフトウェアエンジニア(テクニカルリード)

職務内容 ■職種の特色
UXファースト、ソフトウェアファーストでトヨタのモビリティーサービスを実現するため、お客様が実際に触れるデジタルコクピットシステム向けUI開発に携わっていただける組み込みソフトウェアエンジニアでテクニカルリードができる人材を求めています。

■職務内容
【概要】
人とクルマと町(インフラ)をつなぐ「デジタルコクピットシステム」はますます重要になっており、お客様へ寄り添ったUXを完成度高く、タイムリーに市場導入してくため、「デジタルコクピットシステム」の内製開発に取り組んでいます。UXデザイナーとスクラムと組み、アジャイルで組み込みIソフトウェアを開発しながら、チームを技術的にリードする仕事です。


【詳細】
<業務>
■車載組み込みソフトウェアアーキテクチャの設計、開発、レビュー
■チームのソフトウェアエンジニアに対するメンターシップ
■チームが開発するUIソフトウェアの品質保証
※ソフトウェア開発の標準化やベストプラクティスの定着・改善、レビュー
■プロダクトオーナー、スクラムマスター、デザイナ、 QAエンジニア、リリースエンジニアとの連携

<ポジション例>
10人規模の組み込みソフトウェア開発チームでのテクリカルリード
応募資格 <学位等>
・学士卒以上もしくは同等の経験
・文系大学出身者可

<MUST>
■リアルタイムOSあるいはLinuxでの組み込みC/C++開発経験
■アーキテクチャ設計、システムデザイン、ハードウェアへのインテグ経験
■大規模システムの商品化経験
■ユニットテスト・結合テストの経験(google testやmockなど)
■音声アーキテクチャのソフトウェア開発や運用性を考慮したソフトウェアデザインに関する基礎的な知識
■オーディオ、グラフィック、Over-The-Airでのソフトウェア更新システムなどの量産開発経験、
※上記の経験ないしはそれに相応する能力があること

■コンピュータサイエンス、コンピュータ工学の学士以上、あるいは相当以上の経験
■優れたリーダシップ能力と卓越したコミュニケーション能力
■現職での設計・コーディングでの優れた技術的な貢献

<WANT>
■LinuxあるいはリアルタイムOSの開発経験
■CI/CDの設定経験があること
■dockerの経験があること
■スクラム、アジャイルといったモダンな開発手法の経験
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 東京都(千代田区)
その他の採用情報 ■職場イメージ
・2019年に新設された組織で、これまでのトヨタとは違う開発手法にチャレンジしている組織です。
・新しい部署のため30歳前後の若い人が多く、オープンで活発な雰囲気の部署です。
・トヨタで自動車開発をしてきたメンバー、キャリア採用で様々なスキルを持ったメンバー、UXデザイナーや海外事業体のメンバー等、様々バックグラウンドを持ったメンバーが知識と経験を持ち寄って、新しい仕事のやり方で新しい製品の開発にチャレンジしている、そんな意欲のあふれる職場です。

■TECHPLAY
TOYOTA Developers Night 〜UX/UI設計 × ソフトウェア = クルマの運転席?

■talentbook
開発に終わりはない──プロジェクトリーダーが語るトヨタのソフトウェア開発

トラディショナルな会社で新しいチャレンジを。人々の幸せと自由に貢献していきたい。

既存のしくみに従うのではなく、新しいしくみをつくるのが“ものづくり”

■ミッション
・これまでの開発者視点ではないモノ作り・真のお客様視点からの企画・開発(UXファースト)に挑戦するために作られた新しい組織です。
・この新しい組織では次世代のデジタルコックピット(センターディスプレイ・メータ等)のUXデザイン、システム設計/ソフト開発を一貫して進めています。
・今後の快適なモビリティライフのため、運転中もGUIとVUIを統合した新しくストレスフリーな一つのつながったCockpit Experienceとしてデザイン・開発していきます。

■採用の背景
・UXファースト、ソフトウェアファーストで内製開発をする新組織立ち上げのため、従来のトヨタ内になかった領域の専門性を持ち、実務開発経験のある人材が必要となっています。

■やりがい/PR
・トヨタの中でも直接、お客様にサービスを提供できる数少ない部門であり、責任もあるが、成果が即サービス化されるやりがいを得られる仕事です。また付き合っている関係会社もITベンダー、コンテンツ提供会社、電子部品メーカーと多岐に渡り、常に最新の情報に触れることができます。

・今後数年の間に、自動車産業に大変革期をもたらすといわれるキーワード「CASE」。このCASEの「C」を意味する「Connected:コネクティッド」化により、これからのクルマは、「あらゆるサービスとつながり社会システムの一部になる」と言われる中、トヨタは現在グローバルにクルマのコネクティッド化を加速させています。またモビリティーカンパニーへのモデルチェンジに向け、ソフトウェアファーストでのサービス/モノづくりへのモデルチェンジも積極的にスピード感を持って進めています。

・我々のチームはその先頭に立って、In Car/Out CarやコックピットのExperienceのデザイン・開発をUXからソフトディプロイまで一貫して内製で行っていきます。クルマの中のExperienceには安心安全が求められる一方、お客様はスマートフォンで経験した利便性との両立を期待されています。その期待に応えられるようにGUIだけでなく、音声や車両センサー情報を用いたシーン理解等を活用し、より良いUXを提供していきます。

■在宅勤務について
入社後しばらくはチームビルドのため出社いただきますが、チームビルド後は在宅勤務も可能です。