コネクティッド

【東京】先進モビリティ基盤機械学習エンジニア

職務内容 ■職種の特色
先端技術の粋を集めるコネクティッドカー・自動運転車、次に目指すはそこから収集されるデータの解析・活用です。価値あるモビリティ・サービスを私たちと一緒に創造しませんか。

■職務内容
【業務の概要】
モビリティサービスを支える車両データ処理基盤システムを高効率・低コストに実現する技術開発を行います。

※当募集には、解析アルゴリズムの研究開発を行うデータサイエンティストのチーム、およびそのチームと協業し解析アルゴリズム高速化のチューニングやAIアクセラレータ評価、基盤システムの研究を行うチームへの配属を含みます。またモビリティサービスだけでなく、自動車製造工程における品質向上のための課題解決にあたることもあります。

カーシェアリング/ライドシェアリング、自動運転など先進モビリティサービスへの期待が高まる中、CAN (Controller Area Network)データ、GPS位置情報、車載カメラ映像などのデータから価値ある情報を効率的に発掘する必要があります。機械学習、データマイニング、統計解析等の技術を駆使したデータ解析、および現実のデータや課題に基づいた新規解析手法に関する研究開発を行っています。

【業務の詳細】
・大規模軌跡データからの経路抽出アルゴリズム開発
・車両走行時のイベント検知のアルゴリズム開発
・次期設計・開発に貢献するための車両操作・挙動に関する探索的データ解析
・安全運転を支援するための情報提示サービスのアルゴリズム開発
応募資格 <学位等>
・学士卒以上もしくは同等の経験
 (2021年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・第2新卒歓迎

<MUST>
【下記の学位・ご経験を有している方】
・物理・数学・コンピュータサイエンスにおける修士号以上
・データサイエンス、システムエンジニアリングの経験
・機械学習・データマイニング・統計学を用いたデータ解析、画像認識、
 自然言語処理、ロボティクス等の分野における開発経験
・機械学習、データマイニング、統計解析に関する知識
・データマイニングアルゴリズムのデータパイプライン設計・開発・運用・
 改修の経験
・クラウド環境におけるコスト・パフォーマンス・セキュリティの検証・
 チューニング(AWS・GCP等)
・データベース・DWHに関する知識・経験
・並列分散処理・ストリーミング処理基盤に関する知識・経験
 (Hadoop・Spark等)
・データパイプラインのモニタリング・障害対応に関する知識・経験(Datadog・Zabbix等)
・コンテナ型仮想化技術に関する知識・経験(Docker・Kubernetes等)
・数値計算の単体・結合テストに関する知識・経験
・データ解析に必要なプログラミング (Python・R・Julia・C++・Java・SQL等)
・Deep Learningフレームワークを用いた実装 (tensorflow・keras・pytorch等)
・新規テーマ(サービス及び技術)創出経験

<WANT>
・機械学習・データマイニングのアルゴリズムを搭載したITシステムの
 グランドデザインの経験
・MLOpsの業務設計・ツール導入経験 (Kubeflow・MLflow・Airflow等)
・CI/CD・ワークフローエンジンに関する知識・経験(Drone・Algo・Digdag等)
・データ可視化に関する知識・経験(Tableau・D3.js・matplotlib・folium等)
・機械学習トップカンファレンスの論文読解経験
・機械学習、データマイニングに関連するOSS開発経験
・プロジェクトリーダー経験
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 東京都(千代田区)
その他の採用情報 ■職場イメージ
データ解析の部隊は約15名。20代〜30代前半の若手社員が中心で、和気あいあいとした雰囲気です。先進モビリティ向けに、車両データから収集されるデータの解析技術の研究開発に従事し、お互いに知識を共有したり助け合ったりして業務を進めています。

TOYOTA OTEMACHI

■ミッション
お客様に最高のUX (User Experience) を提供するため、コネクティッドカーやMaaS、自動運転車などから収集されたデータ解析の技術開発を担っています。国内企画部署やデータ基盤構築部署、海外事業体と連携しながら、サービスの実現に必要な解析を推進しています。また、解析のみならず、その有効性を検証するための基盤技術システムの安定的な運用や、サービスを提供しながらの機能拡張の実現を目指しています。職種柄、論文執筆や学会発表などが奨励されているチームもあります。ご自身のキャリア志向と合わせて選考過程でご確認ください。

■採用の背景
収集・蓄積した車両データの活用効果を示すことが喫緊の課題である中、企業のデータ活用に強い関心を持ち、解析の経験が豊富なデータサイエンティスト、研究者の活躍が必須である。データサイエンティストまたは機械学習、データマイニング分野の研究者としてこれまで培った素養と、トヨタが今後実現を目指す新しいモビリティ社会における具体的なユースケース・扱うデータを切り口に、データ解析・活用の主要研究分野を開拓していただきたい。

■やりがい/PR
トヨタ自動車が保有する様々な車両データ(CANデータ、位置情報データ、リモートダイアグデータ、車載カメラ画像データ等)から新たな価値を生むためのデータ解析と、そこから生じる先端手法の研究開発ニーズに基づいた研究開発を両輪を、研究企画の段階から従事できます。また、その適用範囲は試作に留まらず、実サービスのリリースやその後の運用まで、フェーズを超えて関わることができます。

コネクティッドカー・自動運転領域は、自動車業界のみならず、テック系企業の参入により競争が激化していますが、トヨタは、コネクティッドカーの展開では優位性があると言えます。私たちは、その展開を支えるICT基盤の研究・開発を牽引する立場にあり、研究・開発を推進するための環境を整えています。例えば、研究機材や、実機検証の環境(サーバー、ネットワーク、車両等)は、将来を見据え、大規模なデータの扱いや、先端技術の評価ができる内容・規模になっています。世界をリードするIT関連ベンダーや、日本屈指のICT事業者、OSS等のコミュニティと連携した研究開発体制を構築し、関係を進化させ続けています。

■在宅勤務について
在宅勤務が可能な職種です。
在宅勤務とオフィス勤務を柔軟に組み合わせた
生産性重視の働き方を取り入れています。