コネクティッド

車載マルチメディアシステム製品開発

職務内容 ■職種の特色
トヨタは、人とクルマと町がつながるスマートモビリティ社会、全ての人が安全・スムーズ・自由に移動できる自動運転技術の実現に取り組んでいます。クルマの中でお客様との接点となる車載情報システム及び製品開発を、情熱を持って開発に取り組める即戦力人材を求めています。 

■職務内容
【概要】
日々目まぐるしく進化する自動車業界の最先端IoT技術を、
車載情報システムに統合し、いち早く量産化する仕事です。
車両担当、センタ担当、その他様々な関係者と協力しながら量産化していく業務です。

【詳細】
次世代の車載マルチメディアシステム開発を担当して頂きます。
企画フェーズから、次世代の製品、システム構想を作り、
開発フェーズでは、システム仕様づくりとプロジェクトマネジメント、
評価フェーズでは車両やセンターとのシステム評価を実施して頂きます。
次世代システム開発プロジェクトマネジメント、スクラムマスターのサポートをしながら、
開発全体をけん引します。

<ポジション例>
次世代車載マルチメディアシステム向け・1000人規模の開発でのプロジェクトマネージャーの補佐
応募資格 <学位等>
・学士卒以上もしくは同等の経験
 (2021年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方を含む)
・第2新卒歓迎

<MUST>
◇車載電子システム設計スキル
または
◇コンピュータシステムアーキテクチャ設計スキル
◇コンピュータシステムの通信設計スキル

<WANT>
◇組み込み系システムの開発経験(特にアーキテクチャ設計)や大規模システムの上流設計経験
◇通信プロトコルや、フレームワーク等の開発経験
待遇等 「応募要項」をご参照ください
勤務地 愛知県(名古屋市)
その他の採用情報 ■職場イメージ
常に新しい開発に取り組んでおりオープンで活発な雰囲気の部署です。多岐にわたる人材が集まっており現業務の経験年数が5年以下の人が大部分なので、すぐに部署に馴染むことができるのが特徴です。

■ミッション
コネクティッドカーが増えていく中で、様々な情報を車載情報システムを通しお客様へ伝えていきます。それらの情報を分かりやすく、安心して使ってもらえるようなシステム開発を行うことが部署のミッションです。また技術トレンドの変化も早いため、これらの環境に適応できるスピードと新しい関係者の協力関係を作るコミュニケーションスキルも必要になってきます。

■採用の背景
コネクティッドサービスは広がり、数が増える傾向にある中、それらの情報を整理し、お客様に通知することが車載情報システムが重要となります。これらを表示する車載情報システムの開発に向け、専門的知見を持つ人材が必要です。

■やりがい/PR
日々目まぐるしく進化する自動車業界の最先端IoT技術を、いち早く製品化できる仕事です。エンジニアとして新技術を素早く「形」にできるのが業務の特色です。海外の関係事業体とも、常時、密に連携して業務を進めており、グローバルな見地で製品開発が行えるやりがいのある業務です。

今後数年の間に、自動車産業に大変革期をもたらすといわれるキーワード「CASE」。このCASEの「C」を意味する「Connected:コネクティッド」化により、これからのクルマは、「あらゆるサービスとつながり社会システムの一部になる」と言われています。トヨタは現在グローバルにクルマのコネクティッド化を加速させており、情熱を持って、世界トップレベルの「つながる」技術を開発する即戦力人材を求めています。 

■在宅勤務について
在宅/在社勤務を使い分けたフレキシブルな勤務形態です。