クルマ開発電池開発

カーボンニュートラルの実現と幸せの量産に向け、開発段階から車両との一体開発を行いながら、今までの延長線上にない革新的な次世代電池の開発を加速していく

主な業務内容

Couse Description

全個体電池の先行・量産開発(電池セル設計、機能部品設計、電池パック設計)、燃料電池開発(FCセル・電極の設計)

カーボンニュートラルの実現に向け急速に進む車両電動化に対し、 安全・高品質・高性能の電池ユニットを効率的に開発を行っています。
電池の置かれている社会的環境変化が激しい為、従来のやり方に固執せず、自ら新しいやり方を提案し、実践、実現していくことが可能です。電池はモビリティだけでない新たな可能性を拡げる要です。

  • 先端研究
  • 先行開発
  • 量産研究
  • 生産技術開発
  • 生産ライン
    設計・導入
  • 製造・
    品質管理
  • アフター
    サービス
  • 全個体電池の先行・量産開発
  • 燃料電池開発
  • 全個体電池の先行・量産開発
    (電池セル設計、機能部品設計、電池パック設計)

    電池パックの搭載・モージュール(拘束)の設計、電池セルの冷却設計、電池制御設計
    全個体電池を始めとした、高性能な次世代電池の開発・設計

  • 燃料電池開発
    (FCセル・電極の設計)

    燃料電池セルのセパレータや触媒の技術開発を行うのと同時に安価で生産性の優れたセルにする為に生技、製造と共にSE活動を行い世界最高水準のセルの実現に向け開発を行う。

  • パワートレーン担当ユニット

主な勤務地

  • 本社地区(愛知県豊田市内)
  • 東富士研究所(静岡県裾野市)

次の瞬間も、
世界を変え続けていくために。
TOYOTA power train MASTER

1日の仕事の流れ

1 Day & Schedule

固体電池開発業務
  • 8:00

    在宅で業務開始

    メールチェック、1日のスケジュールをチェック

  • 9:00

    出張 協力メーカーA社様

    自宅から直接出張先へ移動

  • 9:30

    研究内容の確認・議論

    新しい技術の活用について、訪問先ご担当者の方と議論

    現場を見学し異分野技術に触れ、夢が膨らむ…

ViewMore

CouseIndex