クルマ開発シャシー制御

お客様に感動と安心・安全を与える、クルマの運動性能を実現する

主な業務内容

Couse Description

ステアリング制御技術開発、サスペンション制御技術開発、ブレーキ制御技術開発、統合制御開発(自動運転含む)

ステアリングやサスペンション、ブレーキの設計を担当し、1トン以上のクルマの「走る・曲がる・止まる」といった機能を開発します。また、自動運転技術の開発にも注力しており、自動車の運転を「認知・判断・操作」と定義したときに、「判断・操作」にあたる技術領域を担当しています。

  • 先端研究
  • 先行開発
  • 量産研究
  • 生産技術開発
  • 生産ライン
    設計・導入
  • 製造・
    品質管理
  • アフター
    サービス
  • ステアリング制御技術開発

    意のままに「曲がる」ための電子パワーステアリングやギア比可変ステアリングといったシステムを企画・開発

  • サスペンション制御技術開発

    路面の凹凸を感じない乗り心地を実現する電子制御サスペンションやアクティブスタビライザーといったシステムを企画・開発

  • ブレーキ制御技術開発

    「止まる」を支援するアンチロックブレーキシステムやトラクションコントロールといったたシステムを企画・開発

  • 統合制御開発
    (自動運転含む)

    「走る・曲がる・止まる」を高次元で実現するために、ステアリング・サスペンション・ブレーキを統合的に制御するシステムを企画・開発

主な勤務地

  • 本社地区(愛知県豊田市内)
  • 東富士研究所(静岡県裾野市)

1日の仕事の流れ

1 Day & Schedule

シミュレーションによるシステム検討業務
  • 9:00

    業務開始

    メールチェック

  • 9:30

    チームMTG

    新機能についてソフト構造、実装方法、評価パターンを議論

  • 10:30

    ソフト作成・シミュレーション環境の設定

ViewMore
実車によるシステム検討業務
  • 9:00

    業務開始

    メールチェック

  • 9:30

    実車評価の準備

    車両・計測器の確認

    ソフト書き込み、評価方法を最終確認

  • 11:00

    実車評価

ViewMore

CouseIndex