クルマ開発パワートレーン・
カーボンニュートラル
技術

カーボンニュートラルの実現と幸せの量産に向け、地域・お客様に最適な選択肢をご提供するため、HEV・PHEV・BEV・FCEVの全方位で技術を磨き続け、次世代電動パワートレーンの開発や水素エンジンなど、新たなチャレンジにも取り組み続ける

主な業務内容

Couse Description

ガソリンエンジンの性能・燃費の向上次世代電動パワートレーン(ガソリン車、HEV、PHEV、FCEV、BEV)、FC開発(水素技術)、性能・燃費、GR開発(技術・ユニット開発、評価)

動力源及び、動力源で発生した回転エネルギーを効率よく駆動輪に伝えるための装置類の設計開発。走る、曲がる、止まるはすべてパワートレーンを介して行われ燃費や安全性にも影響する重要な開発です。

  • 先端研究
  • 先行開発
  • 量産研究
  • 生産技術開発
  • 生産ライン
    設計・導入
  • 製造・
    品質管理
  • アフター
    サービス
  • ガソリンエンジンの性能・燃費の向上 次世代電動パワートレーン
  • FC開発
  • GR開発
  • ガソリンエンジンの性能・燃費の向上
    次世代電動パワートレーン

    カーボンニュートラルの実現に向け、ガソリンエンジンの性能・燃費の向上や、HEV・PHEV・BEV・FCEVの次世代電動パワートレーンを幅広く開発・設計

  • FC開発(水素技術)

    燃料電池の研究・基盤技術開発から量産に向けての設計、評価、解析、制御の一連の開発を行い、さらに水素社会実現に向けての施策の提言や普及活動も実施

  • GR開発(技術・ユニット開発、評価)

    WECをはじめとしたレース用エンジンの開発と、レースで得た知見・ノウハウを活かし社内唯一のレーシングカンパニーとして、スポーツ車両エンジンを設計・開発

  • パワートレーン担当ユニット

主な勤務地

  • 本社地区(愛知県豊田市内)
  • 工場(愛知県内)
  • 東富士研究所(静岡県裾野市)

次の瞬間も、
世界を変え続けていくために。
TOYOTA power train MASTER

1日の仕事の流れ

1 Day & Schedule

  • 9:00

    出社

    予定とメールの確認

  • 9:30

    試験内容の打ち合わせ・駆動部品評価

    現地で試験内容について打合せ

    最終確認後、駆動部品の評価結果のレビュー

  • 11:00

    チームミーティング

    上司からの情報展開

    メンバーの業務進捗の確認・相談

ViewMore

CouseIndex