クルマ開発パワートレーン系制御

カーボンニュートラルの実現と幸せの量産に向け、ソフトウェアの観点で新たなチャレンジを続け、従来の価値観にとらわれないモビリティの可能性を探求し続ける

主な業務内容

Couse Description

パワートレーンの制御開発、評価等の量産開発、ガソリン車、HEV、PHEV、FCEV、BEV等のすべての動力源であるパワートレーンの制御開発
開発対象:エンジン、トランスミッション、モータ、インバータ、電池、燃料電池

カーボンニュートラルの実現に向けて、トヨタとして全方位開発(エンジン、HEV、PHEV、FCEV、BEV等)を進めており、それぞれのパワートレーンに対して、制御開発を行っています。
パワートレーン制御は車の作り込みをする上で、お客様が求めている商品性(走行性能、コスト、品質)に大きく影響を与える業務になります。

  • 先端研究
  • 先行開発
  • 量産研究
  • 生産技術開発
  • 生産ライン
    設計・導入
  • 製造・
    品質管理
  • アフター
    サービス
  • パワートレーンの制御開発
  • パワートレーンの制御開発、評価等の量産開発

    パワートレーンとコネクティッドを組み合わせたソフトサービスの企画・開発
    エンジンなど、パワートレーン機能部品・ユニットの制御機能設計及び、車両との適合評価

主な勤務地

  • 本社地区(愛知県豊田市内)

次の瞬間も、
世界を変え続けていくために。
TOYOTA power train MASTER

1日の仕事の流れ

1 Day & Schedule

  • 8:00

    在宅で業務開始

    メールチェック、一日のスケジュールをチェック

    時差があるので欧州からのメールは朝に処理

  • 8:30

    制御の開発検討

    PythonやMATLAB、Tableau、KNIME、Gitなど、様々なツールを駆使してソフト開発

  • 11:00

    システム制御担当者と打合わせ

    会議は基本Teams会議(移動時間なし)

    細かい仕様の要件を担当者と共有、進め方相談

ViewMore

CouseIndex