職種詳細

その他研究・開発[新卒博士] 燃料電池車用タンク・バルブの先行開発・設計

職務内容

・CO2低減・エネルギー多様化への対応は、人類共通の重要課題です。
・トヨタでは1992年以来、燃料電池技術の開発を続け、2014年にトヨタ初の量産型燃料電池自動車「ミライ」を発売し、エコだけでなく走りの良さでも大変好評を頂いています。
・燃料電池車のさらなる普及を目指し、より小型・軽量・低コストな水素タンク・バルブの研究・開発を行っています。世界一の燃料電池車を私たちと一緒に創っていきませんか?

応募資格

・2018年度内に、博士後期課程を卒業/修了見込みの方
 または、前年度・前々年度に博士後期課程を卒業/修了された方で
 合格後、半年以内に入社可能な方
・必要能力に関する実務/研究経験

■経験/専門知識
・高圧タンク、特に水素用複合材料容器の設計/評価経験および
 材料力学、流体工学、熱工学に関する専門知識
・高圧ガス部品(バルブ、減圧弁、配管、圧力センサーなど)の設計/評価経験および材料力学、流体工学、熱工学に関する専門知識

上記に加え、ガスシール/複合材料に関する専門知識があるとさらに良い

待遇等

「応募要項」をご参照ください

勤務地

愛知県

その他の採用情報

※愛知県(豊田本社、名古屋オフィス)、東京都(東京本社、九段ビル、池袋ビル)、静岡県(東富士研究所)、各工場など、国内・海外の事業所・関連施設への転勤の可能性あり

PAGE TOP