M.Oの写真

自動運転の開発は、

人と組織で決まる。

自動運転・先進安全技術

自動運転・先進安全開発部

M.O

2017年入社。新卒で入社した会社では、レーザーを使った通信機能を持つ部品の開発・設計を担当。その後、自動車関連メーカーに転職して先進安全システムの開発に従事。なかでも運転支援システムに強い興味を持ち、技術を追求するためにトヨタへ転職した。

環境に申し分なし。

以前、私はとあるメーカーで先進安全システムの開発を開発していました。当時から自動車業界では自動運転へのチャレンジが始まっており、「実現したらクルマ社会はどうなるだろう」と夢を馳せていました。しかし、現実は思い通りに開発が前に進まないことが多く、リーダーとして挑戦したプロジェクトが頓挫したことも。悔しさのなかで感じたのは、自身の力不足と「自動運転システムの開発には、たくさんの人と適切な組織が必要だ」ということでした。「メンバーを増やしてほしい」と会社に直訴したのですが、意見が受け入れられず、無力さを痛感するばかり。だからこそ、トヨタの環境が持つ素晴らしさを強く感じます。たとえば仕事の割り振り。前職では自分一人だけに任されていた仕事を、トヨタでは3名に振り分けて進めているイメージです。組織の面でも上長の判断は常に適切で、しかも懐が深い。ボトムアップされる意見にも耳を傾けて改善に向けて動いてくれます。技術者としてやるべきことに集中できる環境です。

どこよりも使いやすい

自動運転を。

今は「Highway Teammate」というシステムの開発に携わっており、2020年にはドライバーの監視のもと、高速道路で自動運転ができることを目指しています。自動運転と一言で言っても、その範囲は広く捉え方はさまざまです。高速道路の本線部分のみで自動運転を行う技術はすでに世の中で存在しますが、トヨタの目標は高く、高速道路への合流から離脱まで一貫して自動運転が担うことで、お客さまにとって使いやすいシステムにすることを追求しています。人による運転でも高速道路への合流は難しいのに、それをどう実現するのか。カタチになったとしたら、間違いなく世界初です。そのような開発に携わることができることは、技術者冥利に尽き、誇りです。

携わったプロジェクト、

どれも最先端。

入社してからこれまで、自動運転技術を進化させるために数多くのプロジェクトに携わってきました。まず取り組んだのは、ふたつのカメラでひとつの物を認識し、双方の画像から生じる差異から距離を割り出すステレオカメラの開発です。そのあとは歩行者などへの衝突回避を支援するアクティブ操舵回避支援機能の開発に携わりました。次はクルマがレーンからはみ出さないよう、音やハンドル操作でドライバーをサポートするレーンデパーチャーアラートの開発チームへ。ひと段落したら、ハンドル操作などで車線変更を支援するレーンチェンジアシストの開発プロジェクトを担当。今はHighway Teammateで使用するための地図データを生成する空間情報ECUの開発や、コネクティッド技術と連携した機能のシステム評価を担当しています。入社して数年でここまで幅広いプロジェクトに携わることができるとは…!しかも、業界初・世界初という称号がつくような最先端のものばかり。常に新鮮な気持ちで、チャレンジ精神をもって開発に取り組むことができていいます。もうひとつ驚いたのが、品質を担保するためのプロセスでした。プロジェクトには数多くのマイルストーンとそこで達成すべき項目が設定されています。その項目の数が充実しているだけではなく、一つひとつのレベルが高い。マイルストーンの数もこれまで経験した会社より充実しています。世界一の品質を創造できる秘訣を知ることができたのは、貴重な学びです。

全国のお父さんのため、

お父さん頑張る。

目標は、完全自動運転をトヨタで実現することです。ドライバーが出発時から運転することなく目的地まで到達できる完全自動運転は、皆さんが想像する自動運転に近いかもしれません。これを叶えたい理由は、実は技術者としての面だけでなく、一人のお父さんとしての面も大きいのです。私は子どもが4人いて、家族でキャンプやスキーなどアウトドアを楽しむことも少なくありません。行きはいいのですが、帰りはヘトヘト。「クルマが自動で運転してくれたらなあ」とふと思うことも多いです。自分がそう感じるのなら、世の中のお父さんも同じような考えを持っているはず。「全国のお父さんを楽にしてあげたい」という想いが仕事への情熱になっています。子育てを卒業する前に世の中へ提供して、私も一人のユーザーとして恩恵を受けることができれば嬉しいですね。

自動運転・先進安全技術とは

Toyota Safety SenseやAdvanced Drive、Advanced Parkの製品開発を推進します。また、これらの他にも次世代の先進安全・自動運転技術開発も行っています。自動車の運転を「認知・判断・操作」と定義したときに、「認知・判断」にあたる技術領域を担当しています。

#Keyword複数選択できます

  • #新卒採用
  • #キャリア採用
  • #技術職
  • #事務職
  • #業務職
  • #カーボンニュートラル
  • #風通しのよさ
  • #グローバル
  • #成長実感
  • #ソフトウェア
  • #チームワーク
  • #両立
  • #未来創生
  • #コネクティッド/制御電子
  • #DX・セキュリティ
  • #車両技術
  • #自動運転・先進安全技術
  • #シャシー制御
  • #パワートレーン・カーボンニュートラル技術
  • #パワートレーン系制御
  • #電池開発
  • #モノづくり
  • #カスタマーファースト
  • #プラント・環境生産技術
  • #生産管理
  • #調達
  • #国内営業
  • #海外営業
  • #総務・人事
  • #経理
  • #渉外広報
  • #事業開発
  • #コネクティッド

キーワードをもっと見る

FindInterview

あなたが読みたい社員インタビューを
選択してください。

新卒採用社員インタビュー
キャリア採用社員インタビュー